美白化粧水 ランキング 30代

30代からの美白化粧水でしっかりシミ予防

30代に効く美白化粧水

 

30代はお肌の乾燥が強くなりシミが一気に増えてしまう危険な時期!シミ予防、できてしまったシミにも美白化粧水でシミの原因であるメラニンをお肌から追い出してしまいましょう。

 

シミやクスミに効く美白成分を配合している人気の美白化粧水を30代向けにランキング順で紹介します。美白化粧水選びの参考にしてくださいね。

 

30代の美白化粧水ランキングTOP3

b.glen(ビーグレン)の特徴
2種類のビタミンC誘導体を配合したQuSomeローション、ハイドロキノンクリーム(QuSomeホワイトクリーム1.9)を含む美白ケアトライアルセットです。肌に浸透しにくかった美白成分を浸透テクノロジーQuSomeによって肌バリアをも通過して働きかけます。
価格 1,800
評価 評価5
備考 送料無料、365日返金保証
配合されている美白成分 ピュアビタミンC、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン
スーパーホワイトEX スタートセットの特徴
全国エステサロンでも使用されている美白化粧品スーパーホワイトEX(エクストラ)は肌の再生力を促すαGri-X(アルファグリックス)を主成分として、美白成分ピクノジェノール、フラーレン、αアルブチン、APPS、ギガホワイトを高配合。20〜60代のシミ、くすみが気になる方におすすめ。
価格 3,780
評価 評価5
備考 送料無料
配合されている美白成分 フラーレン、αアルブチン、APPS、ギガホワイト
アスタリフトホワイト 美白トライアルキットの特徴
テレビCMでもおなじみ富士フイルム「アスタリフト」の美白タイプです。ALホワイトローションh(美白化粧水)を含むセットで、美白成分アルブチン、抗酸化成分アスタキサンチン、肌荒れ大人ニキビ対策にはグリチルリチン酸ジカリウムを配合しています。独自のナノユニット技術ナノAMAで美容成分を角質層の奥までしっかり浸透させます。医薬部外品
価格 1,000
評価 評価4.5
備考 送料無料
配合されている美白成分 ビタミンC誘導体、アルブチン
サエル トライアルセットの特徴
敏感肌、ひどい乾燥肌で美白ケアに効果が出にくい肌質におすすめのがディセンシアのサエルです。独自特許技術ヴァイタサイクルヴェールで肌のバリア機能を強化し、化粧水の刺激から守ります。シミの原因となるメラニンが増え濃くならないように働きます。薬用化粧品
価格 1,480
評価 評価4
備考 送料無料
配合されている美白成分 アルブチン、トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K
アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアルの特徴
美白化粧水ラグジュアリーホワイト ローションAOIIを含むトライアルセットです。新安定型ハイドロキノンを配合したコンセントレートHQ110、ハイドロキノン誘導体(アルブチン)とビタミンC誘導体を配合した薬用アクティブフォーミュラIIと一緒に使用することでより高い美白効果、シミ消し効果が期待できます。
価格 1,890
評価 評価4
備考 全国送料無料
配合されている美白成分 ビタミンC誘導体、ハイドロキノン

 

美白オールインワンでシミ対策するなら

 

美白化粧品を使ってシミ予防、シミを薄くしたいなら、必ず毎日スキンケアを丁寧に行う必要があります。美白化粧水、乳液、美容液、クリームなどをしっかりとお肌に浸透させないといけません。

 

しかし、30代の女性は仕事や家事、育児、介護などいろいろと用事が重なってスキンケアに時間を割けない場合もありますよね。時間があったら1分でも多く寝たほうがお肌にも健康にもいいですし。

 

そういったときには美白成分を配合しているオールインワンゲルがおすすめです。オールインワンゲルによって配合されている美白成分も違うので好みやこれまでの経験で好きな成分があればそれを選ぶのもいいでしょう。

 

保湿効果が高い化粧品を使うと美白効果も高まるので、保湿成分もしっかりと配合されている30代向けの美白オールインワンを紹介しますね。

シミウス ホワイトニングリフトケアジェルの特徴
ホワイトニングリフトケアジェル(シミウスジェル)は1つで10役なので機能性もバツグン!美白と保湿にプラセンタエキス、ニキビ予防にグリチルリチン酸ジカリウムを配合しています。マッサージできる人気の美白ジェルです。
価格
3,795
評価
評価5
備考
医薬部外品、30日返金保証
ピュアメイジングの特徴
着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、エタノールなど無添加の美白オールインワンゲルです。化粧水から化粧下地までの6つの機能があります。紫根エキス、カモミラエキス、プラセンタエキス、アラントイン配合。
価格
1,998
評価
評価4.5
備考
医薬部外品

 

 

美白化粧水の役目と配合される美白成分

 

 

美白への高い関心を持つ女性も増えている現在では、さまざまなメーカーが美白化粧水を開発し発売しています。とはいえ、優れた成分でありながら実際どんな効果があるかもわからずに、選び方や使い方を間違えて損していることも。美白化粧水の働きについて考えてみましょう。

 

メラニン色素を抑制する美肌化粧水

 

女性に限らず、人の肌は紫外線を浴びるとシミの元になるメラニンが、皮膚の中のメラノサイトにより作られてしまいます。そのため、日焼け止めを塗ったりしないとそのまま紫外線のダメージをしまう為、シミはもちろん、そばかすや肌の老化原因になってしまうというわけです。

 

そこで効果的なのが、色素沈着のない明るく白い肌に改善する化粧水として、美白化粧水が存在します。美白化粧水には、日焼けなどが原因によるメラニン色素が作られるのを妨げ、シミの改善と予防する効果があるほか、一般的な化粧水には配合されていない美白の有効成分が含まれているため、肌のくすみの改善やアンチエイジングとしても効果が期待できます。

 

美白化粧水の役割

 

一般的な化粧水は、水分を角質層に十分に与えることで、次につかう油成分のクリームや乳液などの浸透を促す役割がありますが、美白化粧水は美白に有効成分が配合されているので、水分を与えることだけでなく角質層の奥から美白を促す役割を担っています。

 

美白化粧水に含まれるシミに有効的な成分

 

美肌化粧水を選ぶには、美白のための成分が含まれていなくてはいけません。そのような美白成分配合がされていない化粧水であれば、一般的な水分補給の化粧水と何も変わらないことになります。

 

最も大切なのは、メラニン色素を抑制するビタミンCやアルブチン(ハイドロキノン誘導体)などの有効成分が配合されているものを選びましょう。

 

まだまだあるメラニン色素を抑制する成分

 

シミやそばかすを作らないことが一番シンプルな美白の基本といえるので、メラニン色素を抑制するおススメの美白成分をお知らせします。アルブチンよりも数百倍もの美白効果が期待できると評判のルシノールは、ポーラ化粧品が独自開発した医薬部外品の美白成分のことです。

 

カモミールから抽出された美白成分のカモミラETは、花王が独自開発したもので、メラノサイトに指令する役割の情報伝達物質エンドセリンを抑制することによって、メラニンを作り出すことを抑えているものです。

 

美容で肝斑の治療に用いられていた、トラネキサム酸もメラニンの生成を抑え、抗炎症および抗アレルギーの働きもあります。

 

チロシナーゼの働きを抑える成分も有効的

 

メラニンの生成だけでなく、美白にはチロナーゼの働きも抑えることも効果的です。それには、日本酒・味噌・醤油などの発酵過程で発生するコウジ菌を開発したコウジ酸や、哺乳動物の胎盤から抽出され、コラーゲンやヒアルロン酸をたっぷりと含んでいるプラセンタエキスが配合された美白化粧水がおススメです。

 

できてしまったシミに効果的な美白化粧品

 

既にできてしまっているシミには、元に戻す作用のあるハイドロキノンクリームやビタミンC誘導体成分を配合した美白化粧品が有効的です。特に、ビタミンC誘導体は、肌にそのまま浸透しにくいビタミンCを肌への浸透を高めるために人工的に改良されたものなので、浸透性があるため高い効果に期待ができます。

 

⇒ 30代美白化粧水ランキングはこちら

 

美白化粧品によく使われている美白成分

 

シミ対策に美白化粧品を使っている方もたくさんいますがそれぞれの成分ごとに特色がありますから、それを知っておくだけでも美白化粧品選びに役立ってくれますよ。美白効果を早く実感したいなら、美白コスメに配合されている美白成分について知識を深めておきましょう。

 

美白化粧品によく配合されている美白成分をピックアップして、それぞれの特徴を紹介します。

 

肌の漂白剤ハイドロキノン

 

シミ消しに有効なハイドロキノンはポンポイントで使うのでクリームに配合されていて化粧水には配合されていません。厚生労働省では認可されていませんが、強力な美白作用があります。メラニンを抑制してシミを予防する効果に加えて、メラニンを無色化する還元効果まであります。

 

すでにできてしまったシミを徐々に薄くしてくれます。ビタミンCの10倍から100倍もの美白パワーがありますから、肌への刺激も強くなります。

 

美白、保湿効果の高いフラーレン

 

高い抗酸化作用のある成分で紫外線バリアの機能があります。メラニンが発生する原因の1つである活性酸素に対抗する働きがあるので美白にも効果が期待されます。抗酸化作用としてはビタミンCの125倍の効果があり、保湿作用もプラセンタの800倍といわれていて美白、美肌効果が高い成分です。

 

シミ予防効果の高いアルブチン

 

別名はハイドロキノン誘導体で、副作用のないハイドロキノンといわれています。コケモモ、洋ナシの皮など、植物に含まれている美白成分です。厚生労働省に認可された美白成分で、メラニンを作らせる酵素チロシナーゼをブロックして、シミを予防する効果を持っています。認可されたのが1989年ですから、様々な化粧品に配合されてある程度の実績もあります。

 

万能な働きをするプラセンタ

 

動物の胎盤から抽出された成分で、豊富な栄養を含んでいます。認可された美白成分で、シミ予防効果に優れています。成長因子を含んでいますから、ターンオーバーを高めてシミの排出を促す作用も持っています。

 

アンチエイジング全般に効果的ですから、30代以降のシミ対策に適しています。

 

肝斑に効くトラネキサム酸

 

認可された美白成分で、化粧品だけでなく医薬品やサプリメントにもよく配合されています。メラニンの生成を抑えてシミを予防してくれて、肌荒れ防止にも役立ってくれます。

 

ホルモンバランスの崩れによる肝斑に効果のある美白成分で、サプリや医薬品としてインナーケアに用いられています。

 

ピーリング効果のあるレチノイン酸

 

レチノイン酸はピーリング効果を持っていますから、肌表面の角質をはがしてメラニンの排出を高める作用を持っています。メラニン分泌そのものをストップさせる作用はありませんから、他の美白成分との併用でシミへの高い効果を発揮してくれます。

 

皮膚科に行けば、外用薬としてハイドロキノンと共に処方されて、相互作用でシミを短期間で薄くしてくれます。

 

植物由来で肌に優しいカモミラET

 

カミツレという植物由来の成分で、美白成分としては肌に優敷く低刺激です。認可もしっかり受けていて、メラニン抑制作用でシミを予防してくれます。メラニンを作り出す細胞メラノサイトへの指令を防御する働きがあり、早い段階でメラニンを抑制できます。

 

日本古来からの美白成分コウジ酸

 

コウジ酸はお酒などを作る時に使われる麹菌から作られた成分です。美白成分として認可されていて、シミ予防効果に優れています。保湿や抗糖化にも期待できますから、アンチエイジング効果に優れています。

 

⇒ 30代美白化粧水ランキングはこちら

 

30代の美白ケアに必要な予防対策、生活習慣

シミは、適切なケアを行うことで、予防、改善することができます。色素沈着が酷く悩みを感じている人もいますが、それは正しいケアができていないことを表しています。お肌のことを真剣に考えるならば、トータルでのお手入れを行いましょう。

 

生活の送り方から使用する化粧品、食べるものまで気を付けることで、シミのないお肌を手に入れることができます。年を重ねても色素沈着のないお肌を維持していくことができるでしょう。

 

十分な睡眠をとってお肌をいたわることは大事

 

睡眠時間が足りていないと、色素沈着を改善することができません。まず、寝ている間はお肌の細胞の再生が行われています。細胞が新しくなることで、今まで肌に留まっていた色素沈着も解消しやすくなるのです。特に、ターンオーバー能力が低下しやすい中高年の方は、十分な睡眠を確保するように努めましょう。

 

どうしても眠ることができないという方は、睡眠前に軽い運動を行ってみるのがおすすめです。ストレッチなどの運動を行うことで、疲れにより自然な眠気を誘ってくれます。また、運動すれば肌の代謝に必要な栄養成分も届けやすくなり、メラニンの生成を抑えることができます。

 

バランスの良い栄養分を摂取してみよう

 

食事の質にこだわることで、美白効果を得ることができます。バランスの良い食事を摂取すれば、お肌に必要な栄養成分を届けることができ、代謝機能も活発になります。今まではシミができたままだったのが、徐々にその状態を小さくすることもできるのです。

 

栄養として、肉や魚、大豆は摂取しておきたい成分です。肉や魚には、良質なタンパク質が含まれており、ターンオーバーの促進を促してくれるからです。また、大豆についてもタンパク質が豊富ですが、それ以外にも女性ホルモンに働きかけてくれる効果も存在しています。

 

女性ホルモンの分泌が低下することで、肌の働きも悪くなりシミが消えなくなることは多いです。そうならないためにも、大豆食品を摂取してみましょう。タンパク質以外にも、野菜や果物もおすすめです。野菜や果物にはビタミンが含まれており、摂取することでお肌の代謝を活発にしてくれるからです。

 

紫外線の影響を考えて日焼け止めを塗る

 

紫外線によって、メラニンの生成が活発に行われるようになります。美白ケアを行いたい人は、必ず日焼け止めを使うように気をつけましょう。外に出かける時には、ほとんどの方が日焼け止めを使用しています。今では、紫外線防御効果の高い下地も販売されているため、化粧を行う=紫外線ケアもしっかりと行えているという事になります。

 

ただし、家にいる時にはノーメイクで過ごしている方が大半になるでしょう。家の中だと紫外線の影響はないと考えてしまいますが、実は紫外線はどこにでも存在しています。家の中にいるときにも、油断することなく日焼け止めを使うようにしましょう。

page top